2014年06月21日

ハイスペックでないPCの『Skyrim』設定2.3 (ENB編)

ビデオカードがグレードアップ(Radeon R9 270x)したのでENBに初挑戦。
ENBプリセットは『HRK ENB TWO』

001.jpg

これはやばい。キャラメイクにおけるチートというか・・・詐欺というか・・・(笑

掲示板やブログの画像でたまに『この肌の質感どうやってだしてるんだろ?ひょっとして自作テクスチャ?』
と思うようなキャラクタ画像を見かけたりしてたのですが、答えはENBでした・・・。
ENBでここまで変わるとは・・・。侮ってました。
これからはありがたく使わせて頂きますm(_ _)m

続きを読む
posted by こてつ at 00:35| Comment(4) | skyrim(導入、設定方法) | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

ハイスペックでないPCの『Skyrim』設定2.2 (Radeon R9 270x編)

001.jpg
やはりSkyrimを快適に遊ぶには、VRAM2G以上必須なので、
今更ではありますが条件を満たすビデオカードを買ってみました。
ついでにCPUも新調。

メーカー:Power Color
搭載チップ:『Radeon R9 270x』
VRAM:2G (以前 1G)
ベンチマークスコア:4517 (交換前:Radeon HD 5750:スコア1395、Cross fire時スコア2790)

Intel Xeon X3450
ソケット形状:LGA1156
ベンチマークスコア:5172 (交換前:Intel Core i5 750:スコア3746)

ビデオカードに対してCPUがちょっと能力低めかもしれません。
CPUは、Xeonの物珍しさから購入してみました。
4コア8スレッドのCPUです。



続きを読む
タグ:設定 Skyrim
posted by こてつ at 23:16| Comment(0) | skyrim(導入、設定方法) | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

ハイスペックでないPCの『Skyrim』設定2.1(Cross Fire X編)

000.jpg

ヘッポコPCに鞭打って『Cross Fire X』を導入してみました。
『Cross Fire Xとは何ぞや?』という方に手短に説明すると『ビデオカード2枚差し』でございます。
他のパーツもちょこっと変更してみました。

ということで、今回はそのレポートを書いてみたいと思います。

今回の我がPCの変更内容

CPU:Core i5 750
メインメモリ:DDR3 4G → 8G
ビデオカード:HD5750(VRAM 1G) → HD5750(VRAM 1G) 2x CrossFireX化
HDD:5400rpm から 7200rpm へ 速さで定評のHDDに交換。SSDではありません。
OS:Windows7 HP 64bit

変更後も相変わらずのヘッポコぶりですw



■メインメモリ
4Gから8Gに変更したわけですが、元々skyrimやるだけであれば4Gあれば問題無かったのですが、
メモリが安かったので、何となく8Gに上げてみました。
skyrimにやるぶんには、今までと何ら変わりなくといった感じだったのですが、思わぬメリットがありました。
それは・・・

『skyrim』と『Creation Kit』の同時起動が可能に!

これは、MODを作る人には地味に嬉しいです。
今までは、テストプレイした後、その都度『Creation Kit』を立ち上げてたのですが、
メインメモリ増やしたことにより『Creation Kit』を立ち上げっぱなしで作業できるようになりました。



■HDD
HDDの中では、高速で定評なHDDに変更してみました。
以前との違いはほとんど感じられませんが、skyrimのロード時間が若干短くなったような気がします。



続きを読む
posted by こてつ at 14:41| Comment(0) | skyrim(導入、設定方法) | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

『Creation Kit』の初期設定

MOD作成の定番ツール『Creation Kit』の初期設定方法。
私の知ってる範囲で書いておこうと思います。



■ダウンロード■
ダウンロードはsteamから『ライブラリ』->『ツール』
001.jpg

『Creation Kit』を右クリック->『ゲームをインストール』で導入できます。
002.jpg



■初期設定■
steamからダウンロードしただけでも使えますが、ちょっとした設定を行います。

続きを読む
posted by こてつ at 23:26| Comment(0) | skyrim(導入、設定方法) | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

『TESVSnip』を使用したesmファイル作成方法とCreation Kitの編集の取り消し方法

『TESVSnip』はあまり詳しくないのですが、MODを作る人にとって非常に便利な機能があるので、その使用方法を書いておこうと思います。
(ダウンロードはこちら


■espファイルをesmファイルに変更する方法■

esm化するメリットは、Creation Kitでマスター指定できるようになります。
フォロワー(NPC)に髪型MODを適用させたり、
MODで追加された家にフォロワー(NPC)を住まわせることが可能になります。
やったことはありませんが、装備MODもフォロワー(NPC)に適用できる(デフォルト装備を装備MODに)と思います。
esmファイルはマスターファイル、espファイルはプラグインファイルです。
なおesm化してしまうとCreation Kitで編集ができなくなってしまいます。

例として髪型MODの 『SGHairPack01.esp』をesm化したいと思います。

1)
TESVSnipを立ち上げSGHairPack01.espを選択します。
001.jpg

続きを読む
posted by こてつ at 20:15| Comment(2) | skyrim(導入、設定方法) | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。